失敗しない白シャツ選び、Scye basicsボタンダウンシャツのご紹介。

みなさんこんにちは、店長清水です。

私は常々思うのですが、メンズファッションは鉄板アイテムさえ押さえてしまえば、オシャレの基本を制したものだと。

その鉄板アイテムと言えば、パーカー、デニムパンツ、軍パン、BDシャツ、ボーダーTeeなどなど。

しかし問題は、そのアイテム達を具体的にどのブランドのどの商品を揃えれば良いのかと言うことだと思います。

そこで、La Barba的(あくまでも主観ですが)に、これ揃えておけば間違いなし!という視点で前回より、ご紹介が始まりました。

今回は、白シャツをピックアップしてご紹介です!

DSC02731-32

La Barba的、白シャツは、SCYE BASIC(サイベーシック)のボタンダウンシャツがオススメ。

 

まずScye(サイ)とはどういうブランドかというと、

18年前、デザイナーの日高久代とパタンナー宮原秀晃の二人によって立ち上げられたブランド。設立当初より、ショーや広告といった事は一切せずにただただ物作りに直向き取組み、改良に改良を重ねながら丁寧にきちんと服をつくられています。決して派手ではないベーシックな服が多いのですが、そういった拘りが着る人に伝わり、人から人へとその服の良さが伝わり、10年続く企業が6%と言われてる世の中で、人伝てだけで18年という歳月を歩んでこられました。

それはなぜか、

 

1.デザイン線よりも機能線を重視しているから

現代の服は機能より見た目が重視されていることが多いですが、昔の服は剣を振るためだったり、馬に乗るためだったり、動きを考慮した作りになっています。それらを参考に、Scyeが作っている服はデザイン線よりも機能線を重視しているのが特徴的。意味のある切り替えや仕様でなければ入れる必要はないので、「理にかなった服作り」が基本となっています。

 

2.上質なオリジナルファブリック(生地)を使用しているから

Scye独自のオリジナルファブリックを使用。ベーシックな服は長く着たいもの。その長い年月に耐えうるだけの堅牢性を兼ね備え、且つ見た目の上質さ品の良さを感じられる最高級の素材を使用し作られています。

 

このシャツの機能線は、袖付け。ブランドネームにもなってるように、袖ぐりに拘りがあります。ずっと着ていても疲れず、アームホールの可動域もあり、腕は動かし易くなっています。

ブランドネームのScye(サイ)はテーラー用語で袖ぐり、鎌の意。

DSC02736-37

 

衿周りはシャツの顔。第一ボタンを開けて着た時に綺麗に衿が立ち、衿先のロールは美しい曲線を描きます。

DSC02727-28

 

裾脇には、意味のあるディテールとして施されている「補強布のガシット」と「チェーンステッチの端」が、デザインとしてもアクセントになっています。

DSC02729-30

 

カフスは角を落とした「バレルカフ」を採用。広さを調整するアジャストボタンも付いています。

DSC02728-29

 

衿はバックボタンを付け、センタープリーツ採用し、ハンガーループも付いています。アメトラらしいディティールが満載です。

DSC02730-31

 

素材には、超長綿ピンオックス使用。肌に当てた時に滑らかな着心地と、洗濯を繰り返してもくたびれない堅牢性を兼ね備えています。

DSC02732-33

ウォッシュを数回繰り返すとことで生地に縮みが生じ、アイロンを入れればフォーマルに、洗いざらしでカジュアルにとコーディネートに応じた着用の仕方を楽しめます。

白シャツに迷ったら、ぜひScyeのシャツを試してみてはいかがでしょうか。

DSC02723-24

Scye 超長綿ピンオックスボタンダウンシャツ 20000

web shopはこちらから→Scye web shop

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba Facebook

La Barba instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio.apparel instagram


失敗しないデニムジャケット選び SCYE BASIC サンホアキンデニムデタッチャブルカラーJK

みなさんこんにちは、店長清水です。

私は常々思うのですが、メンズファッションは鉄板アイテムさえ押さえてしまえば、オシャレの基本を制したものだと。

その鉄板アイテムと言えば、パーカー、デニムパンツ、軍パン、BDシャツ、ボーダーTeeなどなど。

しかし問題は、そのアイテム達を具体的にどのブランドのどの商品を揃えれば良いのかと言うことだと思います。

そこで、La Barba的(あくまでも主観ですが)に、これ揃えておけば間違いなし!という視点で今後、いろいろご紹介できればと思います。

そして今回は、鉄板アイテムの中でもデニムジャケットをピックアップ!

DSC01718-5

La Barba的、濃い色のデニムジャケットは、SCYE BASIC(サイベーシック)のサンホアキンデニムデタッチャブルカラーJKがオススメ。

 

まずScye(サイ)とはどういうブランドかというと、

18年前、デザイナーの日高久代とパタンナー宮原秀晃の二人によって立ち上げられたブランド。設立当初より、ショーや広告といった事は一切せずにただただ物作りに直向き取組み、改良に改良を重ねながら丁寧にきちんと服をつくられています。決して派手ではないベーシックな服が多いのですが、そういった拘りが着る人に伝わり、人から人へとその服の良さが伝わり、10年続く企業が6%と言われてる世の中で、人伝てだけで18年という歳月を歩んでこられました。

それはなぜか、

 

1.デザイン線よりも機能線を重視しているから

現代の服は機能より見た目が重視されていることが多いですが、昔の服は剣を振るためだったり、馬に乗るためだったり、動きを考慮した作りになっています。それらを参考に、Scyeが作っている服はデザイン線よりも機能線を重視しているのが特徴的。意味のある切り替えや仕様でなければ入れる必要はないので、「理にかなった服作り」が基本となっています。

 

2.上質なオリジナルファブリック(生地)を使用しているから

Scye独自のオリジナルファブリックを使用。ベーシックな服は長く着たいもの。その長い年月に耐えうるだけの堅牢性を兼ね備え、且つ見た目の上質さ品の良さを感じられる最高級の素材を使用し作られています。

 

このデニムジャケットの機能線は、袖と胴体をつなぐ線。そして、背中の曲線。着心地が格段に良くなるポイント。

DSC01722-7DSC01720-6DSC01767-18DSC01770-19

 

上質なオリジナルファブリック(生地)は、カリフォルニア州サンホアキンバレーで採れた高級コットン、サンホーキン綿を使用したセルビッチデニム。綿の中で最も丈夫で堅牢性の高い素材。また、繊維の長さが長く均一の為、毛羽が出にくい上質さを兼ね備えています。

DSC01763-16DSC01762-15

 

衿がデタッチャブル(取外し可能)になっているのも、このデニムジャケットの特徴の一つ。これからのシーズン、Tシャツの上から衿を外したノーカラースタイルでいくのも良いですね。

DSC01716-4DSC01748-12DSC01724-8

 

デニムジャケットは幅広いスタイリングができますが、今回はオススメの2パターンをコーディネート。

DSC01745-10

 

白シャツ+チノパンツ+革靴の王道スタイル

DSC01713-3

 

ルーズTシャツ+スラック+スニーカーの小洒落スタイル

DSC01742-9

デザインモチーフは60年代のリーバイス557、デニムの王道デザイン。いつの時代も色褪せることなく着用し続けることができます。

寒暖差の激しい今の季節は、デニムジャケットがあると便利、気になる方はぜひ店頭でご覧くださいませ!
SCYE BASICS(サイベーシック) サンホアキンデニムデタッチャブルカラーJK 33000

web shopはこちらから→SCYE BASICS(サイベーシック) 

 

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba Facebook

La Barba instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio.apparel instagram


SCYE BEASICS 18SS

みなさんこんにちは!

もうじき入荷してくるScye Beasics。

入荷前にどんなブランドなのか。

どのような洋服が入荷してくるのか。

ご紹介いたします。

scyepage_1222

Scyeは、多くのファッションを楽しみ、モノの良し悪しの区別を感じ取ることができる人にぜひおすすめをしたいブランド。

15年前、デザイナーの日高久代とパタンナー宮原秀晃の二人によって立ち上げられたブランド。

スクリーンショット 2018-02-02 9.16.54

設立当初より、広告宣伝費を一切かけずに、口コミだけ。広告に一切かけない分、100%洋服につぎ込んだプライス。ただただ物作りに直向き取組み、改良に改良を重ねながら丁寧にきちんと服をつくられています。決して派手ではないベーシックな服が多いのですが、そういった拘りが着る人に伝わり、人から人へとその服の良さが伝わり、10年続く企業が6%と言われてる世の中で、人伝えだけで17年という歳月を歩んでこられました。

それはなぜか、

1.デザイン線よりも機能線を重視しているから

現代の服は機能より見た目が重視されていることが多いですが、昔の服は剣を振るためだったり、馬に乗るためだったり、動きを考慮した作りになっています。それらを参考に、Scyeが作っている服はデザイン線よりも機能線を重視しているのが特徴的。意味のある切り替えや仕様でなければ入れる必要はないので、「理にかなった服作り」が基本となっています。

2.上質なオリジナルファブリック(生地)を使用しているから

Scye独自のオリジナルファブリックを使用。ベーシックな服は長く着たいもの。その長い年月に耐えうるだけの堅牢性を兼ね備え、且つ見た目の上質さ品の良さを感じられる最高級の素材を使用し作られています。

一年間取り扱いをさせていただき、やはり間違いのないブランドだと確信しております。

スクリーンショット 2018-02-02 9.18.08

まだ実際に見たり触ったり、着てみたことがない方は、ぜひ店頭でご体感くださいませ。

虜になること間違いなしです。

 

先に入荷してきておりますチノパンツ。

生地はサンホーキンというアメリカのコットンを使用しております。

綿の繊維が長く均一で、毛羽が出にくいと言われています。

IMG_1575 2

IMG_1572 2

IMG_1596 2

IMG_1590 2

他にも心待ちにしている商品が多数。

私たちも入荷を楽しみにしております。

今シーズンのScye Beasicsもご期待ください。

2月末に一部入荷の予定です。

スクリーンショット 2018-01-21 10.51.05 スクリーンショット 2018-01-21 10.51.43 スクリーンショット 2018-01-21 10.53.23 スクリーンショット 2018-01-21 10.54.00 スクリーンショット 2018-01-21 10.54.33

 

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba Facebook

La Barba instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio.apparel instagram


私たちも大好きなあのブランドが、始動から17年を機に新たな一歩を踏み出しました。

みなさんこんにちは、島田です!

昨日のBLOGでも登場したブランド「scye(サイ)」。

東京・千駄ヶ谷に「サイ マーカンタイル(Scye Mercantile)」という”scye(サイ)”の直営店もオープンした17年間の歴史を持つカジュアルベーシックブランド。

今日は、そんなscyeから銘品のお洋服たちが入荷してまいりましたのでご紹介。

112515845_o2

scyeと言ったら有名なブランドロゴとして、動物の”サイ”をモチーフにしたものがる。そのサイのモチーフが特徴的なトラディショナルシャツ。

_1230393 _1230395

毎年マイナーチェンジを加えているscyeのシャツ。もちろんロゴマークも変わっています。今年はキャメルのサイ。前シーズンはオリーブでしたが、ミリタリー/ワークの流れを先取りしてのカラーなのではと。

 

112515531_o3 112515531_o5 112515531_o15

こちらは定番のリジット(生)デニム。

しっかりとした生地感は履きこんでいった際の色落ちを楽しんでいただくにはもってこいのデニムです。

imgrc0068814077

注目のバックシルエットは、scyeのデニムであることを一目で伝えるもの。

106011854_o5_1220657

(同生地でデニムジャケットも入荷してきております。)

 

IMG_8077

こちらはscyeの鹿子生地のモックネック。スウェットのような厚みのある生地で、肌当たりが柔らかい度詰めのカットソーです。サイのマークがワンポイント入っており、鹿子の生地感とあいまって一枚でも存在感があります。

IMG_8078_1230405

品のあるカットソーなので当店のオリジナルパンツのようなきれいめシルエットのパンツと相性抜群です。個人的にscyeの洋服が好きでいつも胸が高鳴るのですが、この洋服は定番ではなくコレクションのアイテムなのでコーディネートに華が出る洋服です!

 

いかがでしたでしょうか??

ベーシックなアイテムで5年後も10年後もクローゼットにある洋服。大切に長く着ていただけるものだけをセレクトしております。詳しくは店頭にてお話しさせていただきます!皆様のお越しをお待ちしております。

 

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba instagram

La Barba Facebook

4Dstudio instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio HP


少し懐かしい商店のような….

みなさんこんにちは、島田です。

 

LaBarbaは代表の佐藤がかれこれ13年前にお店を始めてから、ここまで洋服屋さんとして店舗を経営してきています。私もLaBarbaで働かせていただくようになって3年目。今まで沢山のお客様とお会いし、素敵な洋服に巡り合っていただいたのを目にしてきました。”ハタラク”という経験が初めてで何もわからない中、昔から支えてくださったお客様。その中でも最初の3ヶ月で行う『3ヶ月研修』で出会った方々のことは今でも鮮明に覚えています。今の自分があるのもあの時いきなり現れた「若者」を大きな心の器で受け止めてくれた皆様のおかげです。本当に感謝の気持ちで一杯です。

先日新しくLaBarbaのメンバーとして正式に仲間に加わってくれた「野村知可」さん。知可さんも沢山の壁にぶつかりながら、沢山の方に支えられながら厳しい壁を乗り越え3ヶ月研修を突破してくれました。きっと知可さんも同じように皆様に感謝の気持ちを持ってくれています。素敵なメンバーが増えて嬉しい!知可さん、これからもよろしくね!

写真 2017-08-16 9 04 37

今は、その感謝の気持ちを常に忘れないよう心に留めながら、”目の前のお客様がオシャレになり、豊かな人生を歩んでいただく”サポートをすることが、恩返しだと強く思っています。

昔のことを思い返している中でふと、ある話を思い出しました。

とある田舎の家電量販店。駅前には大型の家電量販店がある中、そのお店は駅から30分以上離れていました。立地、品揃え、価格、どれを取っても一目で駅前の大型家電量販店の方が勝っています。そんな状況下の中、なんとその地域の一番店は車で30分以上かかる田舎の家電量販店なんだそう。

皆様は、どうしたら立地も、品揃えも、価格も勝る競合を退け地域一番店になることができると思いますか??

最近、東京・千駄ヶ谷にオープンした、当店でも取り扱いをさせていただいております”scye(サイ)”の直営店、「サイ マーカンタイル(Scye Mercantile)」。そのインタビューの中にある言葉に共感したのでシェアします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【インタビュー】17年間変わらない姿勢で”名品”を作り続ける「サイ」初めての店作り

scye-sendagaya-tenpo-20170829_015

インタビューの中でも紹介されている通り、”ものを買う時の人と人との交流”って私たちもすごく大切なことだと思っています。長年通ってくださっているからこそわかるその人のライフスタイル、趣味趣向、クローゼットの中の洋服たち。その理解があるからこそ「◯◯さんだったらこの洋服持っていてもらったら絶対役に立つよ!」時には、「この服は◯◯さんには必要ない服です。笑」と言ってあげられる。その分、私たちも必死に勉強します。日々変わりゆくトレンド、過去の実績や数字とのにらめっこ、実際に仕入れにいってこの1点の洋服がお客様に本当に必要なものなのかを考える。グーっと考えに考えて、それでも残った商品が店頭に並んでいます。そんな、思いを持った商品がどんな人の手に届くのか、毎日ワクワクしながら店頭でお待ちしています。そんな中で生まれる人と人との交流。一目惚れで買われる方。いろんな服を試着して最高の一着を見つけられる方。作り手の思いに共感して買われる方。様々な交流の中で大切な洋服がお客様の笑顔とともに旅立っていきます。

洋服を買うまでのこのストーリーがなくなってしまったら、胸が高鳴ることも、ワクワクすることもまずありませんよね。

私は今、4Dstudioの店舗を任せていただき、LaBarbaでは出会えなかったお客様を含め、多くの方に支えられ新しい役割にチャレンジしています。新しい出来事が毎日飛び込んできて、毎日が新しくて喰らい付くのが精一杯。でもここでも沢山の仲間に助けてもらい、お客様に助けてもらい、いまでは少しずつ洋服の品揃えや幅もだすことができるようになり、もっと満足していただける環境が整い始めています。でもまだまだここからです。もっと頑張ります。

LaBarba、4DstudioそしてWEBショップ、どの店舗も地域一番店という、誰からも愛される少し懐かしい商店のようなお店にしていきます。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


「上質」という言葉がお好きな方へ。~上質なTシャツ~

みなさんこんにちは、島田です!

みなさんは、「上質」という言葉を聞いてどんなイメージを持たれますか?

また、「上質」なものはお好きでしょうか?

「上質」と一重にいっても捉え方は様々。

品質の事だけでなく、全体的なイメージとなると意外と難しいテーマです。

そこで「上質」について今一度調べてみました。

 

上質とは直訳でHigh qualityの事ですが、欧米ではClassicと言われるようです。

日本ではクラシックと聞くと古く古典的なと思われていますが、

クラッシック音楽とは古典音楽ではなく、最高水準で高尚な音楽と言う意味で、

クラシックカーは古い車でなく、流麗な上質な車、

クラシック建築とは近代以前の建築という意味でなく、古代ギリシャ、ラテンの芸術様式にならった建築の事、

そしてファッションでは、はやりすたりの無いスタイルという意味です。

 

 

「High quality」

「Classic」

 

 

品質もさることながら、時間を超えて愛されるもの。

この二つが「上質」の共通点になります。

 

本日は、そんな

「High quality」&「Classic」

という言葉がぴったりな上質なTシャツをご紹介。

 

Scye オーガニック超長綿天竺ポケットTシャツ

118211946 118211949118211950

 

コットンの中でも非常に繊維の長い超長綿を使った糸。

この糸をしっかりと目を詰めて編み立てたオリジナルのボディは光沢があり、とても優しい肌ざわりです。

 

118211946_o2118211949_o2 118211950_o2

 

縦のラインを意識した細身のTシャツ。

シルクのような滑らかさとしなやかさを持ちながら、

しっかりとした度詰め感、 武骨さ、ハリ、コシを備えている。

一枚で着ても、ジャケットのインナーとしても様になる一枚です。

 

118211949_o8    118211949_o7118211949_o6

 

程よい光沢感のある上質なコットン生地に加えて、Tシャツの顔とも言えるネックは強度の高いバインダーネック。

さらには胸元の小ぶりなポケット、裾のマチなどのディティールで、

カジュアル感の強いポケットTという響きから想像するものに比べて、

とても上品さのある仕上がりとなっています。

 

さらに、オリジナルのパターンによって構築されたものだからこそ、

ご着用いただいた時に、とても立体感のある仕上がりに。

 

 

最近では、”真夏日”というフレーズがしっくり来る30℃を超えた気温が続きます。

いよいよTシャツの出番なこのタイミングで、”上質”なTシャツはいかがでしょうか?

 

Scye Basic オーガニック超長綿天竺 ポケットTシャツ ¥15120(税込)

 

 

styling20170609_7

 

026-225-0076

La Barba instagram

La Barba Facebook

4Dstudio instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio HP


スイッチシーズンの羽織りに!「サイ」のコート入荷しました。

Scye_17ss_002

みなさんこんにちは、島田です!

 

「SCYE」の定番でもあるバルマカーンコート(ステンカラーコート)。

昨シーズンは入荷とともにいなくなってしまったこちらのコートが、

再入荷してまいりました!

スクリーンショット 2017-01-31 17.48.57

SCYEの洋服はパターン、デザインなど独自の技術を駆使して作られる、着心地がよく、馴染みやすいのが一つの特徴。

スクリーンショット 2017-01-31 17.49.13

素材はポリエステルとナイロンでできた高密度のタフタ素材。

あえてパッカリングと呼ばれる縫い縮みを出すことで立体感と、ばさっとした独特の風合いに仕上がっているのが特徴。

タフタ素材には風を通しにくいという機能性があり、中に着込めば今すぐ着ていただくことができ、薄着なら暑くなく、でも風は防いでくれる。

寒暖差の激しい初春には、一番フィットする素材感です。

結局、こういう目の詰まったコートはロングシーズン着回すことができ、一番長く使ってもらえるのが利点。。

スクリーンショット 2017-01-31 17.48.23

満を持しての再入荷のバルマカーンコート。

SCYEの商品もどんどん入荷してきておりますので、気になる方は是非

4Dstudioまでお越しくださいませ。

Scye_17ss_013

SCYE PE/NY高密度タフタ バルマカーンコート¥76680(税込)

SCYEの他の商品はこちら

 

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba instagram

La Barba Facebook

4Dstudio instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio HP

 


これはもうチノパンではない。名品トラウザーズ!!

みなさんこんにちは、島田です!

今回ご紹介するのは、4Dstudioで展開のあるSCYEより。

もはやチノパンの域を超えた。scyeの名品パンツのご紹介。

SCYE / サンホーキン綿×ムラ糸チノ1タックトラウザーズ

_○IMG_2629 _○IMG_2631

上品なシルエットの1プリーツトラウザーズ。

 

ウエストでたっぷりタックを折ることによってゆとりを持たせテーパードのシルエットを、より強調する作りになっています。

ウエストはゆったり目に作られているので、ベルトでギュッと絞って履いていただく仕様に。

バックスタイルを見てみると、股上は深めでゆったりと取られております。

生地は、アメリカのカリフォルニア州のサンホーキンで生産された綿を使用。

綿の繊維が長く均一で、毛羽が出にくいと言われています。

生地の表面にはドライな光沢があり、滑らかで肌触りが良く光沢のある生地感が特徴です。

 

_○IMG_2617

_○IMG_2624 _○IMG_2633 _○IMG_2628

フロントはフックとボタンの組み合わせです。

フックが二つ付く仕様はかなり珍しいデザイン。

フロントの前開き部分には裏のフックをとめるためのカシメが付き、デザイン性があります。

ベルト裏にはオリジナルのブランド名入りの平テープを使うなど見えないところにもこだわりを感じさせます。

センタープリーツと裾のダブルの折り返しがトラウザーズらしい上品な雰囲気を醸し出しているSCYEの定番の綺麗めパンツです。

 

 

_○IMG_2611 _○IMG_2614 _○IMG_2616

洗いこみ、穿き込みを重ねるとまた違う表情を見せてくれる1タックトラウザーズ。

SCYEがチノパンを作り上げるとこうなるか、というクオリティーの高いパンツ。

是非一度、店頭にてご覧くださいませ!

 

SCYE/サンホーキン綿×ムラ糸チノ1タックトラウザーズ ¥28080(税込)

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba instagram

La Barba Facebook

4Dstudio instagram

4Dstudio Facebook

4Dstudio HP


もうこれを買ったらウールコートを買う必要はありません。

みなさんこんにちは、店長清水です。

ちょうど一年前の2015年秋冬よりお取引のスタートしたブランド「Scye(サイ)」

初めてのお取扱いにも関わらずご好評いただいたScyeの代名詞とも呼べる“ウールコートシーリーズ”

昨年に引き続き今年も「ピーコート」「ダッフルコート」「ステンカラーコート」を仕入れいたしました!

※改めてScyeの魅力についてはこちらを一読いただければと思います→「Scyeの魅力」

こちらのウールコートシーリーズは使用された素材が大きな特徴の一つ。

繊維の宝石とも呼ばれる光沢と滑らかさのある上質な“カシミア”と

高級スーツにも使用されるSUPER120sのウール素材を掛け合わせ、圧縮した厚手のメルトン素材を使用。

見た目の上質さだけでなく、一生を添い遂げてくれるだけの耐久性も兼ね備えています。

そしてデザインは全て普遍性のあるものだけ、

正に究極の一着となっております。

108317136

毛芯を入れてハリを持たせた身頃は美しいフォルムを出しています。

クラシカルでミリタリー調のデザインは普遍性があります。

108317136_o3 108317136_o4

108317136_o7

 

108812265

年々集めるのが困難になってきた大振りの水牛の角のトグルが特徴的。

裾にある3つのドット釦がScyeのものであるという証となっています。

108812265_o3 108812265_o6

108812265_o7 108812265_o5

 

108812651

昨年よりもややゆとりを持たせたAラインシルエット。

スーツやジャケットの上からも羽織れます。

108812651_o5 108812651_o6

108812651_o1

全てサイズは揃っております。気になる方はぜひ店頭へ!!

Scye ウールコートシリーズ 詳細はこちらから

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba instagram

La Barba Facebook


店長清水、今このブランドに夢中です。

みなさんこんにちは、店長清水です。

丁度一年前、2015年秋冬よりお取扱いがスタートいたしましたブランド「Scye(サイ)」

私、今このブランドに夢中です。本当に良いブランドなんです。

2016秋冬の新作が入荷してまいりましたので、ここでもう一度Scyeの魅力をお伝えしたいと思います。

P2410269

Scyeは、多くのファッションを楽しみ、モノの良し悪しの区別を感じ取ることができる人にぜひおすすめをしたいブランド。

15年前、デザイナーの日高久代とパタンナー宮原秀晃の二人によって立ち上げられたブランド。設立当初より、ショーや広告といったいった事は一切せずにただただ物作りに直向き取組み、改良に改良を重ねながら丁寧にきちんと服をつくられています。決して派手ではないベーシックな服が多いのですが、そういった拘りが着る人に伝わり、人から人へとその服の良さが伝わり、10年続く企業が6%と言われてる世の中で、人伝えだけで15年という歳月を歩んでこられました。

それはなぜか、

1.デザイン線よりも機能線を重視しているから

現代の服は機能より見た目が重視されていることが多いですが、昔の服は剣を振るためだったり、馬に乗るためだったり、動きを考慮した作りになっています。それらを参考に、Scyeが作っている服はデザイン線よりも機能線を重視しているのが特徴的。意味のある切り替えや仕様でなければ入れる必要はないので、「理にかなった服作り」が基本となっています。

2.上質なオリジナルファブリック(生地)を使用しているから

Scye独自のオリジナルファブリックを使用。ベーシックな服は長く着たいもの。その長い年月に耐えうるだけの堅牢性を兼ね備え、且つ見た目の上質さ品の良さを感じられる最高級の素材を使用し作られています。

一年間取り扱いをさせていただき、やはり間違いのないブランドだと確信しております。

 

まだ実際に見たり触ったり、着てみたことがない方は、ぜひ店頭でご体感くださいませ。

虜になること間違いなしです。

名品のウールのコートシリーズは9月頃の入荷、

先行して去年取り扱いのなかったロングコート、デニムジャケットがラバルバに入荷しております。

どちらも数は少ないので気になる方はお早めに!

P2410268

P2410266

Scye 詳細はこちらから

info@labarba.jp

026-225-0076

La Barba Facebook

La Barba instagram